« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

Carlos Aguirre Grupoの "Crema"が国内盤でリリース!

Crema
4/13放送分でon airした、現在のアルゼンチン音楽シーン最重要アーティスト、カルロス・アギーレの、カルロス・アギーレ・グループとしての1st album、通称"Crema"が、7/22に日本盤として再発されます。音楽観すら変わる程の感動与えてくれる名盤です。日本盤はオリジナルに忠実な形のジャケット・ワークで、さらには対訳が付されること。彼の世界をより深く感受することが出来るでしょう。輸入盤をお持ちの方も、このversionは絶対買いです

詳細はこちらから。

|

Antony and the Johnsons

続いて、今回のon airでラストに流した"Antony and the Johnsons"。
幽玄でinnocentのようでいて、究極の退廃をも感じさせます。

なんと言う声なのでしょう。
アルバム紹介はこちらMySpaceはこちら。

|

The Bench Connection

今週のon air分から、紹介したartistの動画を少しずつ掲載しましょ。
まずは河野さんに紹介いただいたBench Connection。
これなかなかおもろいです。

素敵な曲ですなぁ〜。
ちなみにアルバム紹介はこちら。そしてMySpaceはこちら

|

長谷部さん

Bar na Esquina doisの再開と共に、惚けの始まった会長をサポートいただいているのが、長谷部マサコさん。自然なしゃべりが素晴らしいのだ。

Hasebejyo_2

長谷部さんのblog「〜裏的〜SOUND RISSOT」もあります。是非ご覧になってみて下さい。


|

ゴローさんと知世さん

昨日のon airはnaomi & goroそしてmoose hillの特集でした。そのmoose hillこと伊藤ゴローさんは原田知世さんの音楽のproduce、そして音楽監督、ツアーのバンマスも務めています。知世さんとゴローさんのコラボ、素晴らしいですよ。ゴローさん作曲、知世さん作詞の"Fine"のPVです。


FINE PV

原田知世 | MySpaceミュージックビデオ

|

Bar na Esquina Dois (2010.6.8放送)

Turnturnturn_3 Passagem_2

noteNaomi & goroのalbumから:
“Turn, Turn, Turn”(2002) Link より。
1) Sem Piser No Chao (セン・ピザー・ノ・チャオ)

“Passagem”2009(パッサジェン)Link より
2) Days of May


Wolfsong Moose_dh_2

noteIto goroのsolo unit、Moose Hill のalbumから:
“Wolf Song”(2001) Link より
3) Book of days

“Desert House”(2006) Link より
4) Soup Song

noteHMV渋谷 ー 山ブラ共同企画「素晴らしきメランコリーの世界」(WEB版は、こちら)より、HMV渋谷店 河野さん(山ブラ渋谷支部長)のおすすめalbum紹介

  (BGMは、At Last I Am Free / Robert Wyatt Link

今月のおすすめalbum:Around the house in 80 days / The Bench Connection Link より
5) Young At Last

Bench

最後の曲は、Antony and the Johnsonsのalbum"The Crying Light" Link より、
6) Her Eyes Are Underneath The Ground

Antony

強烈なインパクトを残すアルバムのジャケットの写真は、先日104歳でなくなった日本人舞踏家、大野一雄さん。


|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »