« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

CELSO FONSECA 

セルソ・フォンセカ

最新アルバム FERIADO (2007)
        フェリアード
906.jpg

1. Feriado

2. Nao Se Afasta De Mim

3. Beleza


本日のオススメ

 Aguas de Marco (Joao Gilberto / Joao Gilberto )
  アグア ヂ マルソ(三月の水)/ジョアン・ジルベルト
  Bossa Nova誕生50周年企画、Bossa Novaの名盤を50枚を紹介するCinquentenario da Bossa Nova ! より。


4. Viajanod Na Viagem

5. Sorte

6. Ela So Pensa Em Beijar

| | コメント (0)

HENRI SALVADOR

アンリ・サルヴァドール(1917.7.18〜2008.2.13)

2月13日、フランスの国民的歌手アンリ・サルヴァドールがお亡くなりになりました。昨年9月ビルボードライブ東京での引退公演の直前に、この番組でも紹介したらどうしても聴きたくなって、急遽最終日に行ってきました。その後、特集もしました。無理してでも行って本当に良かったです。90歳の大往生、ご冥福をお祈りいたします。

1. Dans mon ile (Dans mon ile) 1958
  私の島々にて(私の島々にて)

2. Jardin D’hiver (Chambre Avec Vue) 2001 
  こもれびの庭に(ブラジリアン・バージョン)(サルヴァドールからの手紙)

3. Jazz Mediterranee (Chambre Avec Vue) 2001
  ジャズ・シルヴァー・ムーンライト(サルヴァドールからの手紙)

4. Ma chere et tendre (Ma chere et tendre) 2003
  愛しい君との愛しい時間(愛しい君との愛しい時間)

5. Ailleurs (Ma chere et tendre) 2003
  きっとあそこに(愛しい君との愛しい時間)

6. Cherche la rose (Reverence) 2007
  バラを探して(レヴェランス~音楽よ、ありがとう!)

7. Tu Sais Je Vais T’imer (Reverence) 2007
  あなたを愛してしまう(レヴェランス~音楽よ、ありがとう!)
   (Eu Sei Que Vou te Amar)

| | コメント (0)

Fernanda Takai  “Onde Brilhem Os Olhos Seus”

フェルナンダ・タカイ「彼女の瞳が輝く処」

1. O Bariquinho (小舟)
   Roberto Menescal / Ronaldo Boscoli / 伊藤亮介

2. Diz que fui por Aí (どこかそこら辺にいるって言って)
   Ze Keti / Hortensio Rocha

3. Com Açucar, com Afeto(思いやりのやさしさ)
   Chico Buarque


本日のオススメ
F to G2.jpg
F to G (Filo Machado & Gennoshin / F to G)
   2008年2月6日リイシュー 映像付(2003年発売 限定1000枚)


4. Insensatez (インセンサテス)
  Antonio Carlos Jobim / Vinicius de Moraes

5. Odeon (オデオン)
   Ernesto Nazareth / Hubaldo / Versos de Vinicius de Moraes

6. Descansa Coração(My foolish heart)
   Vitor Young / Ned Aashington / Versao Nelson Motta

| | コメント (0)

Roberta Sa "Que Belo Estranho Dia Pra Ter Alegria"

ホベルタ・サー「なんて奇妙で素敵な一日」

1. O Pedido

2. Mais Alguem

3. Janeiros

本日のオススメ

Em Paz Com os Meus (Claudio Lyra / Em Paz Com os Meus)

4. Belo Estranho Dia De Amanha

5. Laranjeira

6. Samba De Um Minuto(Bonus Tracks)

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »