« 期待の女性歌手特集 | トップページ | TRINDADE »

Sambaの日にちなんで

cavaquinho2.jpg 

Nelson Cavaquinho
 3月8日はサンバの日、といっても日本人のこじつけ、だれもサンバの日などとは思っていませんが、さらにそれに図々しく便乗して、本日はネルソン・カヴァキーニョを紹介。ネルソン・カヴァキーニョ(本名:ネウソン・アントニオ・ダ・シゥヴァ)は、1910年生れ1986年に死去。20才台から作曲を開始。50才台から同じ現存する最古のエスコーラ・ヂ・サンバ、マンゲイラ(2/24-2/28の間行われたリオのカーニバルで今年は4位)のGuilherme de Britoと共作。最初の本人名義の録音は1970年だから初アルバムは還暦だったわけね。ベッチ(やべっちではない)にこの上なく尊敬された、ベッチの神様。独特の濁声と、一度聴いたら忘れられないギターのスタイル。ボヘミアンの大酒のみ。でもなんと繊細な曲を書く人だろう。
 

1. Juizo Final (Encontro com a Velha Guarda)     1976
   ジュイゾ フィナール(エンコントロ コム ア ヴェーリャ グラルダ)

2. Folhas Secas (Nelson Cavaquinho)        1973
   フォーリャス セカス

3. Noticia (Quatro Grandes do Samba)         1977
   ノチシア(クアトロ グランヂス ド サンバ)

4. Caminhando (Nelson Cavaquinho)          1973
   カミニャンド

5. Sempre Mangueira (Nelson Cavaquinho)       1972
   センプリ マンゲイラ

6. Minha Festa (Nelson Cavaquinho)         1973
   ミーニャ フェスタ


4月15日は、Dois Mapas木下ときわさんの山形での初ライブ。 小畑和彦プロデュースのソロアルバム「TOKIWA」(4月5日発売決定!)から、saigenjiがゲスト参加している曲をお届けしました。

Aqui, O! (Tokiwa Kinosita / TOKIWA)

|

« 期待の女性歌手特集 | トップページ | TRINDADE »

Bar na Esquina on air list」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518120/41664673

この記事へのトラックバック一覧です: Sambaの日にちなんで:

« 期待の女性歌手特集 | トップページ | TRINDADE »